Vic Gohのフォトアルバム Vol-47
アラスカの秋
2008年12月1日
郷 勝哉

このフォトアルバムシリーズは過去数十年間に撮り溜めた写真の中から、 丁度古いアルバムをめくるように往時を思い出しながら選んだ写真回顧録です。 (写真の大きさは、Windows の画面設定800 x 600で見ることを想定しています)


<まえがき>
秋たけなわもそろそろ終わりですが、1999年秋に10日ばかりかけてアラスカを旅行した事を思い出したので、 その時の撮影からアラスカ独特の紅葉をした大草原の写真を数枚選んで見ました。 以前フォトアルバムVol-15で野生動物と高山植物で有名な Denali National Park の東端にある Cantwell という小さな村のコンビニで JVC ブランドの ビデオテープを売っていたこと、そこから約200 km東の Paxson という分岐点までDenali Highway という名前の砂利道が走っていることをご紹介しましたが、今回の写真は主にその沿線での撮影です。       


<Denali Highway風景-1> ハイウェイに入りしばらく走って振り向いたら、 白銀に輝く北米大陸の最高峰 Mt. McKinley (6,194 m) が見えました。


<Denali Highway風景-2> 一見山火事か? と思わせる鮮やかな赤い草は、 その名もFire Weed (直訳すれば火炎草) です。 遠くの雪山はマッキンレーから続いているアラスカ山脈で、Denali Highway に平行して東西に連なり、 氷河がある4,000 m 級の高山も幾つかあります。


<Denali Highway風景-3> このあたりには、太古に氷河が削って出来た 氷河湖が無数にあります。フロート付きの複葉機で湖水や氷河を見物する遊覧飛行もあったのですが、残念ながら乗っている時間が無く先を急ぎました。 手前に色とりどりの花の様に見えるのは花ではなく紅葉した草です。


<Denali National Park-1> デナリ国立公園の中も赤いカーペットを敷いたような Fire Weed が見事でした。Fire Weed は山野草のヤナギ蘭相当で普通赤紫の花をつけますが、写真に写っているのは花が終わり葉が紅葉した状態のものです。

<Denali National Park-2> 自然保護のためデナリ国立公園には予約が必要な専用バスしか入れませんが、 公園入口から 24 km 地点までは自家用車(レンタカー)で入ることが出来、2枚共その道路からの撮影です。


<あとがき> 早いものでこの最初のアラスカ旅行から10年 近く経ってしまいました。この時は夏のシーズンだけ成田から Anchorage まで Northwest の直行便があったのですが、その後直行便が無くなり、一度太平洋横断をして Seattle 迄飛び、そこからAnchorage まで戻る?という遠回りが必要になっていました。 しかし数日前の広告によると、 オーロラ見物のチャーター便ですが札幌からAnchorage まで直行便で行くようで、アラスカの人気は衰えていないようです。

以上
撮影データ 撮影時期:1999年8月末−9月始
撮影場所:米国アラスカ州、デナリ国立公園周辺
カメラ: PENTAX MZ-5、レンズ: SMC PENTAX-FA 28-105 ズーム

Photographs copyrighted (2003〜2008, Vic Goh)

バックナンバーはこちらです